テンシュテット/ロンドン・フィルによるマーラー交響曲第3番の1986年ロンドン・ライヴ


マーラー 交響曲第3番
 テンシュテット/ロンドン・フィル
 ICAクラシックス 1986年ライヴ ICAC5033
ICAC5033

ICAクラシックスから先般リリースされた、クラウス・テンシュテット指揮ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏によるマーラー交響曲第3番のCDを購入しました。1986年ロンドン、ロイヤル・フェスティヴァル・ホールでのライヴ録音。歌唱パートはヴァルトラウト・マイアーが務めています。

テンシュテット/ロンドン・フィルのマーラーのライヴ録音としては近年ロンドン・フィル自主制作レーベルから交響曲第6番、第1番、第2番、第8番といった超弩級のCDが次々とリリースされているところ、今回はICAから86年の交響曲第3番ライヴのリリースということになりますが、稀代のマーラー指揮者テンシュテットならではの深みのあるマーラーにじっくり耳を傾けてみたいと思います。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.