ギーレン/ベルリン放送交響楽団によるマーラー交響曲第6番「悲劇的」


マーラー 交響曲第6番「悲劇的」
 ギーレン/ベルリン放送交響楽団
 アルトゥス 1984年ライヴ ALT214
ALT214

アルトゥスから先般リリースされたミヒャエル・ギーレン指揮ベルリン放送交響楽団(現ベルリン・ドイツ交響楽団) の演奏によるマーラー交響曲第6番「悲劇的」のCDを購入しました。1984年9月ベルリン、フィルハーモニーでのライヴ録音。

ギーレンは周知のように南西ドイツ放送交響楽団を指揮して独ヘンスラーにマーラー交響曲全集を録音しており、そこでは鋭利な辛口指向の解釈によりギーレン独自のマーラー像を構築しマーラー指揮者としての評価を確立するに至りましたが、今回リリースのベルリン放送響とのライヴでは80年代当時のギーレンのマーラー演奏手腕に注目してみたいと思います。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.