ウィーン・フィル来日公演(10/17 サントリーホール)


10/17 サントリーホール
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 来日公演

2011-10-17a 2011-10-17b

指揮:クリストフ・エッシェンバッハ

演目:
モーツァルト 交響曲第34番
ブルックナー 交響曲第4番「ロマンティック」

感想は後日あらためて出しますが、特に後半のブルックナーにマエストロ・エッシェンバッハの個性感が良く出ていました。アンサンブルは全体的に少し荒れ気味でしたが、程よく活かされたウィーン・フィル特有の音響美、総タイム70分オーバーの雄大な時間的スケール、独特の粘着味を帯びたメロディの濃密感、ニュアンスに富んだピアニッシモの表現力、深々と鳴らされたフォルテッシモの屈強な迫力、いずれも素晴らしく、総じて聴き応え十分のブルックナーでした。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.