パーヴォ・ヤルヴィ/パリ管弦楽団によるフォーレ作品集


フォーレ 声楽作品集
 パーヴォ・ヤルヴィ/パリ管弦楽団
 ヴァージン・クラシックス 2011年ライヴ 0709212
0709212

英ヴァージンから先般リリースされた、パーヴォ・ヤルヴィ指揮パリ管弦楽団の演奏によるフォーレ作品集のCDを購入しました。2011年2月パリでのライヴ録音。

収録曲は以下の5曲。
①レクイエム
②ラシーヌの雅歌
③チェロと管弦楽のためのエレジー
④パヴァーヌ
⑤バビロンの流れのほとりに
歌手は①がフィリップ・ジャルスキー(カウンターテナー)とマティアス・ゲルネ(バリトン)、⑤がマリー・ヴィルジニア・サヴァスターノ(ソプラノ)、レティティア・シングルトン(アルト)、マティアス・ヴィダル(テナー)、ウーゴ・ラヴェク(バス)。なお⑤は世界初録音と表記されています。

パーヴォ・ヤルヴィはフランクフルト放送響やシンシナティ響などを指揮して活発にレコーディングをリリースしていますが2010年から音楽監督を務めているパリ管弦楽団との録音は意外に少なく、ここではパリ管にとって自家薬籠中の作曲家であるフォーレの作品に対しヤルヴィがどのような味付けを施すか興味をそそられます。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.