タローとラバディ/ル・ヴィオロン・ドゥ・ロワによるバッハのピアノ協奏曲集


J.S.バッハ ピアノ協奏曲集
 タロー(pf) ラバディ/ル・ヴィオロン・ドゥ・ロワ
 ヴァージン・クラシックス 2010年 0709132
0709132

英ヴァージンから先般リリースされた、アレクサンドル・タローのピアノ演奏とベルナール・ラバディ指揮ル・ヴィオロン・ドゥ・ロワの伴奏によるバッハのピアノ協奏曲集のCDを購入しました。2010年カナダ・ケベックでのセッション録音。

収録曲は以下の6曲。
①ピアノ協奏曲ニ短調 BWV1052
②ピアノ協奏曲ニ長調 BWV1054
③アダージョ~協奏曲ニ短調 BWV974
④ピアノ協奏曲ヘ短調 BWV1056
⑤ピアノ協奏曲ト短調 BWV1058
⑥4台のピアノのための協奏曲イ短調 BWV1065

③はマルチェッロのオーボエ協奏曲をバッハが編曲したアダージョを更にタローとラバディがアレンジしたもの。また⑥は多重録音によりタローが4台のソロ・パートを演奏しています。

現代ピアノとピリオド楽器アンサンブルとの共演によるバッハの録音というのは珍しいですが、どのような演奏なのでしょうか。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.