マルティノン/フランス国立放送管弦楽団によるベルクの「ルル」組曲&マーラー交響曲第3番


ベルク 「ルル」組曲
&マーラー 交響曲第3番
 マルティノン/フランス国立放送管弦楽団
 Cascavelle 1971・73年ライヴ VEL3160
VEL3160

スイスCascavelleから先般リリースされた、ジャン・マルティノン指揮フランス国立放送管弦楽団の演奏によるベルクの「ルル」組曲とマーラーの交響曲第3番を収録したCDを購入しました。ベルクが1971年11月、マーラーが同73年10月、いずれもライヴ録音。マーラーの独唱者はメゾ・ソプラノがヒルデガード・ルトガース、ソプラノがマリー・リンゼイ。

フランスの名匠マルティノンはフランス音楽のみならずマーラー演奏のエキスパートでもありましたが、今回リリースのマーラーは当時の手兵フランス国立放送管を指揮しての大作・交響曲第3番ということで、最晩年のマルティノンならではの明晰にして深みのある演奏を期待して聴いてみたいと思います。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.