ヒューブル&ウェイツによるシュニトケのヴァイオリン・ソナタ全集


シュニトケ ヴァイオリン・ソナタ全集
 ヒューブル(vn)、ウェイツ(pf)
 ナクソス 2009年 8570978
8570978

ナクソスから先般リリースされた、キャロリン・ヒューブルのヴァイオリンとマーク・ウェイツのピアノによるシュニトケのヴァイオリン・ソナタ全集のCDを購入しました。番号付きのヴァイオリン・ソナタ第1番~第3番、それにシュニトケが学生時代の1955年に作曲し死後に発見された番号なしソナタ作品の計4曲が収録されています。

いわゆる現代作曲家の中でもシュニトケは個人的に特に好きな作曲家ですので、その稀少なヴァイオリン・ソナタ全集の新譜ということで購入してみました。アメリカの女流ヴァイオリニスト、キャロリン・ヒューブルは17歳でデトロイト響と共演するなど充実したキャリアの持ち主とのことで、ひとつじっくり聴いてみたいと思います。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.