バーデン市劇場の来日公演・ビゼー歌劇「カルメン」(川口リリアホール 9/10)


9/10 川口総合文化センター・リリアホール 
ビューネ・バーデン市劇場来日公演

ビゼー 歌劇「カルメン」

2011-09-10a

指揮:クリスティアン・ポラック
演奏:モーツァルティアーデ管弦楽団
演出:ルチア・メシュヴィッツ

カルメン:マイラム・ソコロヴァ
ドン・ホセ:オイジェネ・アメスマン
エスカミーリョ:アドリアン・マルカン
ミカエラ:ニコラ・プルォック-マルティニック

ホールに行ってみるとメインキャストが事前発表の歌手から大幅に変更になっていました。いやはや、、

ビューネ・バーデン市劇場は今年を含めて16年連続で来日してオペラの引っ越し公演を行っているウィーン近郊の老舗オペラハウスですが、その舞台を観るのは実は今回が初めてでした。あの大震災の後、METに続いて2番めに日本を訪れたオペラハウスですので、どんな舞台か興味を抱いて観に行きました。

その舞台を観た印象を一言で言うと、良くも悪くも「慎ましい舞台」。感想は後日に。

ちなみに「カルメン」はボローニャ歌劇場の来日公演のチケットも取っているんですけど、外題役カルメン以外のメインキャスト(ホセ、ミカエラ、エスカミーリョ)が軒なみキャンセルという事態に、、どうなりますことやら、、、

あと来月のバイエルン国立歌劇場の来日公演「ローエングリン」のチケットも取っているんですけど、こちらはこちらで外題役ローエングリンのテノールがキャンセルという事態に、、、どうなりますことやら、、、

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.