ベレゾフスキー、マフチン、クニャーゼフのトリオによるラフマニノフとショスタコーヴィチのピアノ三重奏曲集


ラフマニノフ ピアノ三重奏曲第2番
&ショスタコーヴィチ ピアノ三重奏曲第2番
 ベレゾフスキー(pf)、マフチン(vn)、クニャーゼフ(vc)
 ワーナー 2004年 WPCS22198
WPCS22198

ワーナーミュージックジャパンより先般リリースされた、ボリス・ベレゾフスキーのピアノとドミトリー・マフチンのヴァイオリンとアレクサンドル・クニャーゼフのチェロ、以上3人のトリオによるラフマニノフとショスタコーヴィチのピアノ三重奏曲第2番のCDを購入しました。先月に「ワーナークラシック NEXT BEST 100」シリーズとして再発された廉価盤です。

ここで演奏している3人の奏者のうちベレゾフスキーとマフチンは今年のラ・フォル・ジュルネ、またクニャーゼフは今年2月のフェドセーエフ/東京フィルのコンサートと各個に実演に接し、それぞれの演奏から少なからぬ感銘を受けたアーティストですので、彼らの共演盤ということで購入してみました。いずれ劣らぬ辣腕の3人からどのようなアンサンブルが展開されるか非常に楽しみです。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.