アルミンク/新日本フィルの演奏会(9/3 すみだトリフォニーホール)


9/3 すみだトリフォニーホール
新日本フィル 演奏会

2011-9-3-2
          (開演前の様子)

指揮:クリスティアン・アルミンク
ピアノ:清水和音

演目:
ブラームス ピアノ協奏曲第1番
ブラームス 交響曲第3番
アンコール:
ブラームス セレナード第2番より第2楽章

アルミンク/新日本フィルの演奏会を聴くのは今年3度目ですが、その中でも今回のオールブラームスは最も感銘深いものでした。

新日本フィルの新シーズン開幕公演ということでオケに十分気が入っていた、あるいはウィーン出身のアルミンクのブラームスへの共感の強さが表現の根底にあったのかもしれませんが、いずれにせよ久々に耳にした、味わい豊かなブラームスでした。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.