ドゥマルケットの演奏によるサン=サーンスのチェロ作品集


サン=サーンス チェロ作品集
 ドゥマルケット(vc)  スウェンセン/パリ室内管ほか
 Mirare 2009年 MIR108
MIR108

仏Mirareから先般リリースされた、アンリ・ドゥマルケットの演奏によるサン=サーンスのチェロ作品集のCDを購入しました。収録曲は①チェロ協奏曲第1番②チェロ・ソナタ第1番③ロマンス・へ長調④チェロとピアノのための組曲⑤動物の謝肉祭の5曲。①と⑤の伴奏はジョセフ・スウェンセン指揮アンサンブル・オルケストラル・ドゥ・パリ(パリ室内管弦楽団)、また②と⑤ではボリス・ベレゾフスキー、③~⑤ではブリジット・エンゲラーがピアノ演奏を務めています。

ドゥマルケットといえば私には今年のラ・フォル・ジュルネ東京での演奏会(ブラームスとR.シュトラウスのチェロ・ソナタ)で耳にした豊穣な響きの感触が今だ記憶に新しく、そのドゥマルケットと本CDで共演しているベレゾフスキー&エンゲラーも、そのラ・フォル・ジュルネで何度も実演を耳にしているピアニストですので、彼らが共演してどのようなアンサンブルを奏でるか興味津々です。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.