ブーレーズ/ルツェルン祝祭アカデミー管弦楽団の2010年ルツェルン音楽祭でのコンサートのライヴ


マーラー 交響曲第6番「悲劇的」ほか
 ブーレーズ/ルツェルン祝祭アカデミー管弦楽団
 アクサンタス 2010年ライヴ ACC30230CD
ACC30230CD

アクサンタス・ミュージックから先般リリースされた、ピエール・ブーレーズ指揮ルツェルン祝祭アカデミー管弦楽団の2010年ルツェルン音楽祭におけるコンサートのライヴCD2枚組を購入しました。1枚目のCDにはヴェーベルンの「管弦楽のためのパッサカリア」と「管弦楽のための変奏曲」、およびストラヴィンスキーの交響詩「うぐいすの歌」が、2枚目のCDにはマーラー交響曲第6番「悲劇的」が収録されています。

ここでのマーラー交響曲第6番は総タイムが76分と、かつてブーレーズがグラモフォンに録音した同曲の録音よりも更に短くなっていて、タイムだけ見るならば、ブーレーズ独特ともいうべき怜悧なザッハリヒ路線にさらに磨きがかかっているのではないかと思えますが、いずれにしても世界各国から優秀な若手演奏家を集めて組織されたルツェルン祝祭アカデミー管弦楽団を指揮して、現在のブーレーズがどのような演奏を披露するか興味深く、じっくり聴いてみようと思います。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.