マッケラス/フィルハーモニア管によるチャイコフスキーの交響曲第6番「悲愴」


チャイコフスキー 交響曲第6番「悲愴」
&メンデルスゾーン 「真夏の夜の夢」序曲
 マッケラス/フィルハーモニア管弦楽団
 シグナム・クラシックス 2009年ライヴ SIGCD253
SIGCD253

英シグナム・クラシックスから先般リリースされた、チャールズ・マッケラス指揮フィルハーモニア管弦楽団の演奏によるチャイコフスキーの交響曲第6番「悲愴」のCDを購入しました。2009年2月のロイヤル・フェスティヴァル・ホールでのライヴで、ディスクの余白には同日に演奏されたメンデルスゾーン「真夏の夜の夢」序曲が収録されています。

周知のようにマッケラスは昨年7月に逝去されました。これまでレコーディングが豊富に残されていることもあり、私もCDを通して数々の名演奏に巡り合いましたが、ほとんど来日がなかったこともあり、その実演に接する機会はありませんでした。

その最晩年の時期に係るライヴ録音、襟を正して聴いてみたいと思います。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.