スクロヴァチェフスキ/読売日本交響楽団によるブルックナー交響曲第7番


ブルックナー 交響曲第7番
 スクロヴァチェフスキ/読売日本交響楽団
 DENON 2010年ライヴ COGQ50
COGQ-50

ここしばらく仕事の方が多忙なうえ、酷暑続きから夏バテ気味で、あまりCDを聴けておらず、今月の更新は壊滅状態ですが、その分も含めて来月にはガンガン更新したいと思っています。未聴盤もいい加減たまっていますし、、

さて、今年3月にリリースされた、スタニスラフ・スクロヴァチェフスキ指揮、読売日本交響楽団の演奏によるブルックナー交響曲第7番のCDを聴きました。

このCDは、リリース時期が折り悪く大震災の直前期だったため(私の手元に届いたのが確か震災発生の2日前だった)、震災に伴うオーディオ故障につき、これまで未聴を余儀なくされていました。

それで聴いてみたところ、まさに「驚嘆」の一言で、正直これほどとは、というのが率直な感想です。

驚嘆したと言っても、演奏の素晴らしさに驚いたのではありません。

というのも、このCDに収録されている演奏は2010年10月16日、サントリーホールでのコンサートのライヴ録音ですが、私は当日この実演を客席で耳にしており、そこで披歴されたスクロヴァチェフスキならではの卓越を極めたブルックナーの魅力、その素晴らしさを骨の髄まで思い知らされていたことから、この実演の録音がいかに見事なものであったとしてもそのこと自体は私にとって既知の事実であり、別に「驚く」には値しないことだからです。

それでは何に驚嘆したのかというと、音質です。

SACDのスペックを活かした、空間性ゆたかな音の広がりが何とも素晴らしい。これは聴いていて、昨年のホールでの実演の感触、その音響の肌ざわりまでが、私の記憶の奥底から引き出されてくるかのようで、まるで「一期一会」のコンサートに「再会」したかのような不思議な感覚に捉われてしまうほど。

こういった実演のリアルな再現というのは近年のSACDを頂点とする録音技術の賜物であり、あらためて凄い時代になったものだという印象です、が、本来的に「一期一会」であるはずのコンサートで受けた感銘が、これほど気軽に何度も耳に出来て良いものなのかな、という一抹の疑問も正直よぎります。

ともあれ、ここ最近の酷暑&多忙に疲れた私の精神に対し、このブルックナーはまさに干天の慈雨。絶妙のタイミングで耳にできた僥倖を噛み締めています。

コメント

 
こんにちは。
時々訪問させていただいて、興味深く読ませていただいています。

ブルックナー交響曲第はときどき自宅で聴いています。演奏によりかなり違いがる音楽だと思っています。 スクロヴァチェフスキ/読売日本交響楽団の演奏はかなり音質の良い録音のようですね。演奏に対する感想も大変参考になりました。ありがとうございました。

ところで、私は、ロシアのサンクト・ペテルブルグに行き、サンクト・ペテルブルグの歴史的建造物、観光名所の写真をブログに紹介しています。今回は、帝政ロシアのシンボルとして築かれた世界最大級の豪華な大聖堂・イサク聖堂の写真を紹介しましたので、是非見ていただくとうれしいです。

よろしかったらブログになんでも結構ですので、コメントをいただけると感謝致します。

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.