ブダペスト四重奏団によるベートーヴェンの弦楽四重奏曲全集(戦後のモノラル録音盤)


ベートーヴェン 弦楽四重奏曲全集
 ブダペスト四重奏団
 ユナイテッド・アーカイヴス 1951・52年 UAR001
UAR001

ようやく例のものが戻ってきました。まあ、いろいろと聴いています。

ただ、しばらくオーディオから離れていたので耳を馴らす意味で、取りあえず新譜の方は後回しにして愛聴盤などを優先して聴いているところです。

ということで、このブダペスト四重奏団によるベートーヴェンの弦楽四重奏曲全集を聴きました。

この録音は周知のように戦前を代表する名門カルテットであるハンガリーのブダペスト四重奏団による、2回めのベートーヴェン弦楽四重奏曲全集。もともとは米コロンビアからリリースされていた録音でしたが、そのLPの音源を2006年にユナイテッド・アーカイヴスが板おこしのデジタル・リマスタリング盤として、初めてCD化したということで話題になったので買ってみたところが、その音質の良さと演奏の素晴らしさに驚嘆しました。

しかし改めて本演奏に耳を傾けてみたら、これまで何度も聴いていて聴き慣れた録音のはずなのに、どうも初めて聴く演奏のような気もしました、、音楽を聴くというよりはむしろ音楽が身に沁み込んでくるという感覚に近かったし、、

やはり自分の気持ちが、まだ「3・11」の影響下から脱却していないということかもしれませんね。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.