ゴレンシュタイン/ロシア国立交響楽団によるラフマニノフ交響曲第2番


ラフマニノフ 交響曲第2番
 ゴレンシュタイン/ロシア国立交響楽団
 ロシア国立響自主制作? 2004年ライヴ 規格番号なし
No-Number01

故障して修理に出しているアンプが、近日中に戻ってきそうです。部品調達に手間取ったが、めどがついたとのこと。やれやれです。もともと3ヶ月は見てほしいと言われていたので、ほぼ見積もり通りではあるんですけど、長かったなあというのが率直なところ。長年使っていて愛着もあるので、買い替えなくて済みそうで、何より。

あれから新規に入手した未聴盤も結構たまってきているんですが、その中の一枚が、このCDです。マルク・ゴレンシュタイン指揮ロシア国立交響楽団の演奏によるラフマニノフ交響曲第2番。おとといサントリーホールで購入しました。2004年10月1日、モスクワ音楽院ホールでのライヴ収録とあります。

これはホール限定販売とされていたものですが、ネットで調べてみたところ確かに国内の輸入盤ショップでは取り扱われていないもののようで、パッケージには規格番号のようなものがなく、レーベル名も記載されていないことからロシア国立交響楽団の自主制作CDではないかと思われます。

このコンビのCDはほとんどリリースされていないと思いますし、先週ホールで耳にした同曲の実演は、私の好みからは少し外れるスタイルではあったものの、現在では貴重とも思えるロシア色の充溢する、濃密な響きの感触において強烈な聴き応えを感じたのも事実ですので、そのあたりを本CDで再び体験できるか、じっくり聴いてみたいと思います。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.