スヴェトラーノフ/ロシア国立交響楽団によるラフマニノフ交響曲第2番


ラフマニノフ 交響曲第2番、幻想曲「岩」
 スヴェトラーノフ/ロシア国立交響楽団
 キャニオンクラシックス 1995年 PCCL-00569
PCCL-00569

昨日のブログ更新で、マルク・ゴレンシュタイン指揮ロシア国立交響楽団の演奏によるラフマニノフ交響曲第2番のCDを購入したことを書きましたが、このオケによるラフマニノフの2番の録音としてはゴレンシュタインの前任エフゲニー・スヴェトラーノフが最晩年に録音したCDがリリースされています。

このCDはスヴェトラーノフの死の翌年2003年にキャニオンからリリースされたもので、もともとラフマニノフ交響曲全集としてセット販売されていたものの分売になりますが、これほど重厚で重量感あふれる同曲の録音は珍しいと思われますし音質の良さも含めてスヴェトラーノフ最晩年の音楽の凄味が極めて良好な形で伝わってくるという点で傾聴に値する録音だと思います。

このたび購入したゴレンシュタインのCDと上記スヴェトラーノフ盤とでは同じ曲を同じオーケストラが演奏しているということで、どのような違いが出るか聴き比べてみるのも一興かと思いますし、この機会にスヴェトラーノフのラフマニノフ演奏にもじっくり耳を傾けてみたいと思います。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.