マフチン&児玉桃の室内楽コンサート(LFJ2011公演)


5/5 東京国際フォーラムD7ホール
LFJ2011・公演D-35d

シューマン 幻想小曲集op.73
ブラームス ヴァイオリン・ソナタ第3番
 ドミトリ・マフチン [ヴァイオリン]
 児玉桃 [ピアノ]

この2曲で45分の枠、、、きっとテンポが遅いのかな、と思っていたら、普通のテンポで、普通に30分で終わりました、、(アンコールのシューマン幻想小曲集第2番を含めて35分の公演でした)。

ブラームスのヴァイオリン・ソナタ第3番は今年のLFJ初日に、同じく児玉桃さんのピアノ演奏で聴きましたが、この時はオーギュスタン・デュメイのヴァイオリン演奏でした。感情の高まりを比較的ダイレクトに表現していた、デュメイの情熱的なスタンスとは対照的に、こちらはテクニックの切れを前面に押し出した、ヴィルトゥオーゾ・スタイル。デュメイのやったように、終楽章で足を床にガツン、ということはせず、一定の節度を崩さず、ヴァイオリン演奏自体のもつ醍醐味をホールに充溢させる、そんな演奏。

それにしても児玉桃さんは相手がデュメイでもマフチンでも、ピタリと合わせて、それに相応しいピアニズムを展開するあたりの、ピアニストとしての技量は、やはり見事としか言いようがありません。

もっとも、譜めくり係の女性との呼吸は全体にイマイチだったようで、譜面をめくる場所を間違えて止められたり、など。

何回目かの拍手に応えて、二人の演奏者と一緒に譜めくり係の方もアンコール用の譜面を携えて登場したものの、二人が再び袖に引っ込んでしまい、ステージに一人取り残されて慌てるひとコマも、、登場がワンテンポ早かった、ですね。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.