インバル/都響の演奏会(5/11 サントリーホール)


5/11 サントリーホール
東京都交響楽団 定期演奏会

2011-5-11

指揮:エリアフ・インバル

演目:
シューベルト 交響曲第5番
R.シュトラウス 交響詩「英雄の生涯」

開演の前、場内に「拍手は指揮者のタクトが下りてから・・」のアナウンスがあったんですけど、これを読売日響のコンサート以外で聞いたのは今日が初めてで、ちょっとオヤッと思いました。

結構、広まっているんですね、これって。要するに、そういう人が多い、と、、

ただアナウンスしても守らない人は守らないんですよねぇ、、この前なんて、、

そんな話はさておき、今日の「英雄の生涯」は圧巻でした。マーラーを得意とするインバルの面目躍如たる演奏というべきでしょうか。

ちょうど「英雄の生涯」は3日前にN響の演奏で聴いたばかりですが、ことオーケストラの演奏に関しては、私としては今日のインバル/都響の方に、聴いていて惹かれるものが多かったと思います。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.