ペレーニとシフによるベートーヴェンのチェロ・ソナタ全集


ベートーヴェン チェロ・ソナタ全集
 ペレーニ(vc)、シフ(pf)
 ECM 2001・02年 4724012
4724012

ミクローシュ・ペレーニとアンドラーシュ・シフのデュオによるベートーヴェンのチェロ・ソナタ全集のCDを聴きました。これは2004年にECMレーベルからリリースされたCDです。

先週サントリーホールでペレーニのチェロ演奏を聴き大いに感銘を受けましたし、まだ余韻の醒めないうちに、ペレーニの一連の録音の中でも巷間最も評価の高いと思われる、このベートーヴェンのソナタ録音に改めてじっくり耳を傾けたくなった、というのが理由のひとつですが、それとは別の理由もあります。

実は先週末、アンドラーシュ・シフのピアノ・リサイタルを聴きました。といっても実演ではなくテレビ放送を通しての視聴で、NHK教育の「芸術劇場」で、「アンドラーシュ・シフの芸術」というタイトルでもって、昨年12月に紀尾井ホールで行われたリサイタルでの演奏が放送されていたのを見ました。演目はオール・ベートーヴェンで、ピアノ・ソナタの第30番から第32番までの3曲でした。

このシフの演奏、ちょっと不思議な感覚のベートーヴェンでした。なにぶんテレビの音質ですし、あんまり迂闊なことを書いてもと思わなくもありませんが、それは聴いていてベートーヴェンというよりむしろバッハに近いとも思えるような深い思索の美しさを湛えたピアニズムの色合いが印象深く、しばし時間を忘れて聴き入ってしまいましたし、テレビの音質であそこまでの精彩が感じられるのであれば実演では一体どんな音がしたのだろうと大いに興味を引かれました。

ペレーニとシフ、いずれも音楽大国ハンガリーの生んだ世界的名手。彼らの演奏には確固としたパーソナリティの刻印のようなものがありながら外面的な効果とは無縁な行き方にして、ストイックなくらい音楽に誠実、こういった特性にハンガリーの音楽家の気質がどの程度まで絡んでいるのか?

先週のペレーニの実演とシフのリサイタルのテレビ放送での印象を思い起こしつつ、両者が録音したこのベートーヴェンのソナタのCDを楽しみながら、そんなことを思ったりしました。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.