ワルター/ウィーン・フィルによるマーラー交響曲第9番


マーラー 交響曲第9番
 ワルター/ウィーン・フィル
 オーパス蔵 1938年ライブ OPK2060
OPK2060

先週サントリーホールでウィーン・フィルの来日公演を2日続けて聴き、感想をブログに書きましたが、その最終日の方の公演は本来エサ=ペッカ・サロネンを指揮者に迎えてのマーラー交響曲第9番が予定されていたところ、そのサロネンが公演一ヵ月前に急遽キャンセルを発表、その代役としてプレートルが登板の運びとなり、演目も大きく変更となりました。

そのプレートルは超弩級の演奏を披露し、先週ブログにも書きました通り大感銘を受け、最終的には聴きに行って本当に良かったと思いましたが、ただ、もともと私はマーラーの9番をウィーン・フィルで聴ける貴重な機会と捉えてチケットを購入していたため、それが聴けなかったことが敢えて言うなら残念なところでした。

しかし、そもそも私は何故そんなにもマーラーの9番をウィーン・フィルで聴きたいと思っていたのだろうということを、突き詰めて考えると最終的に行き着くのが、どうやら、このブルーノ・ワルター指揮ウィーン・フィルの演奏によるマーラー9番の世界初録音ライヴということになりそうです。

あまりにも有名で、もはや語り尽くされた感すらある録音ですが、この演奏に聴かれる、例えば第1楽章の身を切るような悲しみの訴求力なり、終楽章の死滅的な音彩なりというのが、ほとんど常軌を逸しているほどに鮮烈かつ痛切に表現されているため、むろんマーラーに対する余人の追随を許さないまでに共感に溢れたワルターの指揮に拠るところ大としても、ウィーン・フィルだからこそ出せる響きの表現力というのも少なからず貢献しているのではないかという風にも思えなくもなく、いずれにしても、これだけの歴史的録音を為し得たオーケストラの実演で、一度この曲を聴いてみたいという欲求が私の中に依然くすぶっているような感じがします。

ところで今年のウィーン・フィル来日公演は、最初の段階では小澤征爾が全公演を振るという予定が立てられており、演目がマーラー9番にブルックナー9番、それにドヴォルザーク「新世界」という、要するに3種類の交響曲第9番を並べるという形だったところ、その小澤氏が春先に病気療養のため降板を発表、それを受けてサロネンとネルソンスが演目を分担する形で登板という発表でしたが、その際にサロネンの要請でブルックナーの9番が6番に変更、これで行くかと思いきや公演まで一ヵ月を切った時点でサロネンがキャンセル、それを受けて今度はウェルザー=メストとプレートルとネルソンスが演目を分担する形になりましたが、その際にウェルザー=メストがブルックナーの6番を再度9番に変更するとともにプレートルもマーラー9番をシューベルトの2番とベートーヴェンのエロイカに変更し、これで最終的に落ちつく形となりました。

つまり最初の段階での構想から最終的に漏れた演目は結局マーラー9番だけということになりますが、このような状況に鑑みると、来年のウィーン・フィル来日公演で再度マーラー9番が演目に登る可能性もあるのではないかという気がしますが、どうでしょうか。もし演目に登るのなら万難を排しても聴きに行くつもりですが、、

以下、本CDについてですが、これはオーパス蔵による板おこし復刻ディスクで、2006年にリリースされたものです。それまで私はカナダEMI盤(CDH7630292)で聴いていましたが、音質比較してみたところが、オーパス蔵の方の音質が圧倒的に良く、カナダEMI盤でのぼんやりしたソノリティが、すごい実在感で響いてくるのに度肝を抜かされました(したがってカナダEMI盤は売却しました)。聴いているうちにステレオ録音かとさえ思えてくるほどの音響的な拡がりの豊かさも素晴らしく、この曲を最近ウィーン・フィルは全く録音していないこともあり、このオーパス蔵復刻盤の価値には絶大なものがあると思います。

コメント

 
ウィーン・フィルの来日公演でマーラーの9番はハイティンクと来た時に実現しており、私は(他のプログラムは忘れましたが)サントリーホールで聞いています。大変に素晴らしい演奏で、ハイティンクもコンセルトヘボウ時代以来久々の日本登場ではなかったかと記憶しています。当時ハイティンクは、ウィーン・フィルとブルックナー、ベルリン・フィルとマーラーの交響曲全曲再録音を進めていましたが、とうとう実現しませんでした。完成していたら(売れ行きはともかく)どんなにか素晴らしかったことでしょう。シャイーでさえ、コンセルトヘボウとブルックナー及びマーラーの全集を完成していると言うのに・・・です。
りゅうたろう様 
コメント有難うございます。

> ウィーン・フィルの来日公演でマーラーの9番は
> ハイティンクと来た時に実現しており、私は
> サントリーホールで聞いています。大変に素晴らしい
> 演奏で、ハイティンクもコンセルトヘボウ時代以来
> 久々の日本登場ではなかったかと記憶しています。

1997年の公演ですね。私は聴き逃しましたので、羨ましい限りです。

> 当時ハイティンクは、ウィーン・フィルとブルックナー、
> ベルリン・フィルとマーラーの交響曲全曲再録音を
> 進めていましたが、とうとう実現しませんでした。
> 完成していたら(売れ行きはともかく)どんなにか
> 素晴らしかったことでしょう。

そうですね。アバドの時といい、ウィーン・フィルとのブルックナー交響曲全集って、あと一歩というところで何故か頓挫するんですよね。

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.