オーケストラ・リベラ・クラシカの演奏会(東京文化会館小ホール 10/24)


今日は東京文化会館・小ホールでオーケストラ・リベラ・クラシカの演奏会を聴きました。

2010-10-24

指揮者は音楽監督の鈴木秀美、演目はハイドンのヴァイオリン協奏曲ハ長調(ヴァイオリン独奏: 佐藤俊介)と交響曲第92番「オクスフォード」、休憩を挟んでベートーヴェンの交響曲第2番というものでした。

またアンコールには、鈴木秀美氏が「コッテリとしたビフテキのようなベートーヴェンの後ですから、サッパリしたシャーベットのような曲をお届けします」と告げてからハイドンの交響曲第62番の第2楽章が演奏されました。

オーケストラ・リベラ・クラシカの演奏会を耳にするのは一年ぶりで、その時の公演ではベートーヴェンの交響曲第1番が演奏されました。それまでレパートリーを古典派の音楽に限定して演奏するというポリシーを掲げ、ハイドンの交響曲作品を中核としながらC.P.E.バッハやモーツァルトなども取り上げてきたピリオドアンサンブルのオーケストラ・リベラ・クラシカが、当時のホームグラウンド浜離宮朝日ホールでの公演として、いよいよベートーヴェンの交響曲を初めて演目とした記念すべきコンサートでした。

その時に演奏されたベートーヴェンが大変見事な演奏だったことは以前ブログに書きましたが、今回はベートーヴェンの交響曲第2番が演目に載せられるということで興味津々で聴きに行きました。

感想は後日に改めて出しますが、ホールに少し難ありというのか、この小ホールにベートーヴェンの交響曲というのは少々スペックオーバーではないかと思われ、そのあたりに聴いていて微妙な違和感が感じられなくもありませんでしたが、演奏自体は昨年の浜離宮朝日ホールでのベートーヴェンを彷彿とさせる充実感に満ちた演奏で、全く素晴らしいものでした。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.