トリノ王立歌劇場の来日公演・プッチーニ「ボエーム」(東京文化会館 7/31)


今日は東京文化会館でトリノ王立歌劇場来日公演のプッチーニ「ボエーム」を観ました。

2010-07-31

指揮はジャナンドレア・ノセダ。主要キャストは以下の通りです。

ミミ:バルバラ・フリットリ
ロドルフォ:マルセロ・アルバレス
マルチェッロ:ガブリエーレ・ヴィヴィアーニ
ショナール:ナターレ・デ・カローリス
ムゼッタ:森麻季

感想は改めて後日に出しますが、さすがに「ボエーム」の世界初演を(トスカニーニの指揮により)果たした、プッチーニゆかりの歌劇場、というべきでしょうか。感無量としか言いようのないくらい、素晴らしい「ボエーム」の舞台でした。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.