バーコヴィッツによるブラームスの後期ピアノ作品集


ブラームス 後期ピアノ作品集
 バーコヴィッツ(pf)
 MERIDIAN 1996年 CDE84287
CDE84287

ポール・バーコヴィッツの演奏によるブラームスの後期ピアノ作品集のCDを聴きました。収録曲はブラームス晩年のピアノ作品集のうち、7つの幻想曲op. 116、3つの間奏曲op. 117、6つの小品op. 118の計16曲です。

これは先日も書きましたように、HMVのオンラインサイトにおけるCDのセールで購入したものの一つで、英MERIDIANレーベルから1997年にリリースされたCDです。

バーコヴィッツはモントリオール生まれのピアニストで、ルドルフ・ゼルキンに師事し、英MERIDIANレーベルにシューベルトのピアノソナタ全集を録音しています。

聴いてみると、全体にブラームス晩年の寂寥感、落莫とした心境を虚心坦懐に弾き抜いたような演奏で、時おり示す思いを込めたようなタッチに潜む、内面的な抒情味に、聴いていて胸打たれる思いでした。これは一切の小細工なしに聴き手を惹き付ける、独特の説得力を感じさせるブラームスだと思います。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.