カンブルラン/読売日響(サントリーホール 5/1)


今日はサントリーホールで読売日本交響楽団のコンサートを聴きました。

2010-05-01

指揮者はシルヴァン・カンブルラン。演目は前半がバルトーク「2つの映像」とモーツァルト交響曲第41番「ジュピター」、 後半がストラヴィンスキーのバレエ音楽「春の祭典」というものでした。アンコールにはストラヴィンスキーのサーカス・ポルカが演奏されました。

読売日響の第9代常任指揮者に就任したカンブルランの、その就任披露演奏会として先日、第1弾の公演を聴きに行きましたが、今日は第2弾の公演ということですので、前回に続いて聴きに行きました。

というより、正確には今日の公演が本当の就任披露演奏会なのだそうで、先日の公演は、あくまで読売日響の定期演奏会の中での就任披露演奏会なのだそうです(ややこしいですが、、)。

感想は後日に改めて出しますが、後半のハルサイが非常に良かったと思います。先日のシェーンベルクよりも更に良かったほどで、現代ものを得意とするカンブルランの、その本領発揮というような、強烈なハルサイでした。

しかし前半のモーツァルトに関しては、聴いていて正直ちょっと、、という気もしました。ただ、私自身このところコンサート続きで、少しバテ気味につき(←またか、、)、咀嚼不足なだけかも、、

# コンサートに行くこと自体でバテるというよりは、その感想を書く方でバテるような気がする、、、

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.