ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団の来日公演(サントリーホール 3/29)


今日はサントリーホールでミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団の来日公演を聴いてきました。

2010-03-29

指揮者はクリスティアン・ティーレマン。演目は前半がワーグナーの「タンホイザー」序曲、それにワディム・レーピンをソロに擁してのブラームスのヴァイオリン協奏曲、後半がベートーヴェンの交響曲第5番「運命」というものでした。

またアンコール曲は、前半がレーピンによるバッハの無伴奏パルティータ第2番から「サラバンド」、 後半がワーグナーの「ニュルンベルクのマイスタージンガー」第1幕への前奏曲でした。

今回は名門ミュンヘン・フィルの、わずか一度の東京公演ですが、そのプログラムが豪勢で、このラインナップだけでも今日の公演はちょっと聴き逃せないと思っていました。

まずティーレマンのワーグナーといえば、私には最近CDで聴いたバイロイトの「リング」の強烈な印象が記憶に新しいですし、レーピンのブラコンといえば、やはりCDでの演奏が素晴らしいですし、そしてベートーヴェンの「運命」といえば、かつてティーレマンがグラモフォンへのデビューを飾った、あの鮮烈な録音が思い出されます。

今日のコンサートの感想は改めて後日に出しますが、簡単に言うなら、ちょっと近年では覚えのないくらい圧倒的な「ドイツ濃度」とでもいうべきものに心ゆくまで酔わされた、そんなコンサートでした。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.