雑談:タワレコインの不条理


今日は少し雑談を。

以前にも書いたことがありますが、私はCDを買うのに、自宅からネット経由で購入する場合は主としてHMV、CDショップに出向いて買う場合は主としてタワーレコードを利用しています。

そのタワーレコードの方の話なのですが、特定の日にCDを購入すると「タワレコイン」というコインのようなものが購入額に応じて配布されます。

このコインをレジでの支払時に渡すと、枚数に応じて幾つかのサービスが受けられるのですが、そのサービスというのが、以下のように決められています。

①コイン1枚:ダブルポイントサービス
②コイン2枚:全品10%オフ
③コイン3枚:ポイント3倍サービス

おそらく気が付いている方も多いのではないかと思うのですが、これは少し変ですね。なにしろコインの枚数と還元率が比例していませんので。

現在のタワレコのポイント還元方式は500円買う毎に20ポイントで、1ポイント=1円なので還元率は4%。したがって、①の還元率は8%、③の還元率は12%です。

これだけ見ると、コイン枚数と還元率が比例しているようにも見えますが、実のところ①~③の中で還元率が最も高いのは②です。

というのも、②の場合10%を引かれた後の90%に対し、さらにポイントサービスが適用されますので、それを加えた実質的な還元率において③を上回るからです。

つまり②の実質的な還元率というのは、0.1+0.9×0.04=0.136すなわち13・6%ですから、③の12%より上ですね。

ちなみにダブルポイントセール期間の場合だと、実質的な還元率は0.1+0.9×0.08=0.172すなわち17・2%にまで上がります。

さらにトリプルポイントのケータイクーポンとの併用を考えた場合、実質的な還元率は0.1+0.9×0.12=0.208すなわち20・8%まで上がるのですが、これはさすがにNGのようで、「タワレコインとの併用は不可」とクーポンに明記されています。残念、、

いずれにしても、本来なら最も還元率が高い②をコイン3枚にしなければならないはずなのに、そうなっていない点が不条理というかオカシイという話でした。つまらない話で恐縮ですが、以前から気になっていたので、ちょっと書いてみました。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.