スクロヴァチェフスキー/読売日響のコンサートの感想


スクロヴァチェフスキー/読売日響のコンサート(東京芸術劇場 9/23)の感想です。

前半のベートーヴェン・ピアノ協奏曲第4番に関しては、全体にピアノ演奏の精彩がいまひとつ振るわず、いわゆる模範的な演奏というのか、プロのピアニストとして技術的に要求されることをきちんとクリアした地点での、ソツのない演奏でしたが、ベートーヴェンにしてはフォルテの腰が軽く、フレージングが押し並べて画一的で引っ掛かりに乏しいなど、完成度の割りに表出力がいまひとつ伴わないような印象を最後まで払えませんでした。

後半のブルックナー9番がとにもかくにも圧巻で、これは名匠スクロヴァチェフスキーのブルックナーとしても、おそらく会心の演奏ではないかと思ったのですが、いずれにしても、この1時間はまさに至福の一時でした。

オーケストラ編成は16型、配置はステージ向かって左から第1ヴァイオリン、第2ヴァイオリン、チェロ、ヴィオラと並べた変則配置でした。

第1楽章ですが、冒頭の弦のトレモロから再弱音にして驚くべき張りがあり、それに重なるホルンも絶妙な音量をもってクッキリとした筆致で奏でられるなど、最初の数秒だけでもう、ミスターSならではの稠密なブルックナーの世界に立ち入ったような気配が、ホールに充溢したのですが、これが最初のフォルテッシモの場面になるや、桁違いの表現力がオケから引き出されるのを耳にし、度肝を抜かれました。

そこではオーケストラ渾身の最強奏でありながら一点の曇りも濁りもない、練り切られたアンサンブル・バランスの奏でる、透徹したフォルテッシモというべきものが立ち現われたのですが、そのデュナーミクの驚異的な伸びと、ティンパニの激しい強打を伴う、熾烈なフォルテッシモを構築しながら、ハーモニーの透徹したパースペクティヴが、音楽の構造美を明晰に聴かせる、そんなギリギリのせめぎ合いに挑むようなアプローチと、そこから繰り出される音響の深い奥行きに、聴いていて心底しびれる思いでした。

この楽章を通じ、読売日響のアンサンブルの充実感は目を見張るばかりで、スクロヴァチェフスキーの要求する速めのテンポ、闊達なアゴーギグ(第325小節からの猛烈なアッチェレランド!)、緻密なアーティキュレーション、細密なハーモニー展開、といったハードルをほぼ完璧に音化しながら、ここぞという時には、前述のような驚異的なフォルテッシモのインパクトを叩き付け、このブルックナーのシンフォニーがいかに構造的に美しく、そして同時に、いかに音響的に凄絶であるかを、ギリギリのバランスでもって並列的に突き付ける、そんな演奏でした。それが途方もなく強烈なインパクトに満ち、それゆえ聴いていてある種の畏怖の念すら沸き起こるくらいでした。

第2楽章になると、冒頭のテーマからチューバを大胆に鳴らしての際立ったアクセントで演奏され、ティンパニの刻む激しいリズム、そして金管セクションの抜群の鳴りっぷりを背景に、すこぶる雄弁にして刺激的なオーケストラ・ドライヴが披歴され、異様なテンションでありながら、その背後においては、全パートの隅々まで常に神経の張り巡らされたようなアンサンブルの圧倒的な集中力が、ブルックナーの音楽の持つ深い思索を聴き手に意識させる、そんな演奏で、まるで天国と奈落とが隣り合わせに隣接しているような趣きの、この楽章本来の異常な緊張感に拮抗する音響的な緊張感に魅了させられる思いでした。

終楽章は冒頭から身が引き締まるような深々としたアンサンブルの鳴動がホールに立ち込めたのを皮切りとし、時に冷厳なまでにひんやりとして美しい響きや、時に慰めに満ちた温かい響きや、時に恐怖をも伴うほどに緊張した響きが、音楽の推移に従い絶妙のタイミングとリアルな肌ざわりで披歴される様子を、固唾を飲んで聴き入るばかりでしたが、この終楽章の錯綜する楽想がミスターSの手にかかると、まるで一本芯の通ったような一貫性のある表現力でもって緻密に描き分けられていて、まさに感服の極みでした。

ここではオーケストラもおそらくポテンシャルの120%くらいをもって応答し切っていたように思われますし、トッティの鳴りなども尋常ではなかったのですが、それにしても16型にしては、およそ響きに贅肉感がなくて、常にハーモニーが引き締っていたのも印象的でした。ヴィオラを敢えて客席側に配して
内声をくっきり聴かせるといった、パート配置上の工夫もおそらく一役買っていたのではないかと思うのですが、最終的には、スクロヴァチェフスキーの妥協を排した厳しい統制力の賜物のような気がします。トッティの強靭な一体感、練り切られた音響バランス、いずれも惚れぼれしましたし、こうして振り返っても、改めて感心せずにはいられません。

以上、本公演のブルックナーは、およそ期待を裏切らない素晴らしさなどというのでなく、私の期待値などよりも遙かに上を行く演奏内容というのか、ブルックナーの実演を聴いて、これほど心揺さぶられる体験というのは、ここ数年来ちょっと記憶にないほどでした。

そして、それを突き詰めて考えると、スコアの細かい解釈云々などというよりも、むしろスクロヴァチェフスキーの展開する熟達のアンサンブル運用に、読売日響のアンサンブルが最高のレスポンスで応答し切ったということではなかったかと、そんな気がします。

オーケストラがそれこそ力の限りをぶつけた地点で、なお正確な合奏を展開し、限りなく精妙なハーモニーが立ち現われる様相をまのあたりにした時の、言語を絶するほどの感動。それはかつて、ギュンター・ヴァントが北ドイツ放送交響楽団を率いて来日し、披露したブルックナーの9番の公演を客席で聴いた時に味わったものに、限りなく近くて、何だかすごく懐かしいものに再会したような、そんな気持ちでホールを後にしました。

今回の公演をもって、スクロヴァチェフスキーが読売日響と続けてきた一連のブルックナー・チクルスはひとつの頂点を極めた感もありますが、読響常任のポストを2010年3月で退任するまでに、まだ交響曲第8番という大物にして最後の公演が残っていますので、これもぜひ聴きたいところです。

終演後に楽屋前でスクロヴァチェフスキーのサイン会があり、プログラムにサインを頂きました。

2009-09-23a
今日の素晴らしいコンサートの思い出に、、、

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.