「空想の音楽会」全巻の感想を掲載(ブログ開設1周年特別企画)


当ブログ開設1周年の特別企画としまして、エラートの「空想の音楽会」全30巻の感想記を別館の方に掲載しました。

「空想の音楽会」というのは、かつてエラート・レーベルからリリースされていたシリーズであり、そこではヨーロッパの著名な城や宮殿、あるいは大聖堂などにおいて開催されたであろう演奏会を、仮想的なプログラムに基づいて再現するという、斬新なコンセプトが売りものでした。

この「空想の音楽会」シリーズは今でも私の愛聴盤であるとともに、かつては古楽の分野への興味を私に開いてくれた、掛け替えのないシリーズなのですが、残念ながら現在は廃盤となって長らくという状態にあります。

しかし前述の斬新なコンセプト自体、率直にワクワクさせられますし、演奏自体の水準としても、21世紀の現在耳にしても十二分に傾聴に値するものだと思います。

おそらく復刻リリースは難しいと思われますが、その期待も込めて、ここに全30巻の感想記を掲載する次第です。

また、この機会に別館の構成や内容にもかなり手を加えました。

きのう書いたところの、当ブログ開設以前の過去数年分の感想メモを、今後は「ひとりごと編」として別館の方に随時追加していくようにしたいと考えていますので、そちらの方も宜しければ御覧頂ければと思います。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.