ドラティ/ロイヤル・フィルによるベートーヴェン交響曲全集


ベートーヴェン 交響曲全集
 ドラティ/ロイヤル・フィル
 グラモフォン・タワーレコード 1975・76年 PROC-1001
PROC-1001

これは先月、タワーレコードのヴィンテージ・コレクションとして復刻リリースされた、アンタル・ドラティ指揮ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団の演奏によるベートーヴェンの交響曲全集です。

このベートーヴェン全集は当初イギリスでのみ販売されてほどなく廃盤となった「幻の全集」とのことで、これまでCD化されたこともなく、今回のタワレコ復刻盤が世界初CD化にして日本初リリースとされています。

1975年にドラティはルドルフ・ケンペの後任としてロイヤル・フィル首席指揮者のポストを得て、78年まで在任していますが、本全集はちょうどその時期に録音されていたもので、75年3月から76年10月という比較的短期間で全9曲を一気にレコーディングしています。

ドラティといえば、その代表的録音たる史上初のハイドン交響曲全集が、ハイドン・イヤーの今年になって超廉価で再発され、私も春先にそれを購入して聴き進めているところで、そこでの演奏内容の素晴らしさに関しては、本ブログにも既に何度か書き込んでいるところです。

今回リリースされたベートーヴェン全集は、オーケストラとレーベルは相違するとはいえ、そのハイドン全集と録音時期的にも近く、あのハイドンでの名演ぶりがベートーヴェンでも再現されるのか!と、心躍る気持ちで購入しました。それでさっそく第1番から順に聴いてみましたが、、、、

結果から言いますと、このベートーヴェン全集での演奏は、かのハイドン全集でのそれと同水準の素晴らしさ、とまではいかなかったというのが率直な感想です。確かに全9曲のうち「英雄」と7番の2演に限るなら、ハイドン全集において聴かれた充実感にかなり近いものが感じられるのですが、他の7演は残念ながら、その水準から計るといささか苦しい感じが否めませんでした。

全曲とも概ね端正にして楷書体風のベートーヴェンで、フレージングの折り目正しさ、アーティキュレーションの確実な刻み込み、地に足の着いた堅実なテンポ感、いずれひとつ取ってもまさに規範的であり、完成度としてみると一分の隙もない立派なベートーヴェンです。

しかしながらその完成度の高さに、演奏自体の表出力が比例しないのが何とも残念で、ロイヤル・フィルのアンサンブル展開はフィルハーモニカ・フンガリカのそれと比べて、弦のフレーズの力感といい音色の濃密感といい今一つ振るわず、前述の「英雄」と7番は別としても、特に「運命」「第9」あたりは、聴いていて全体にこじんまりとした雰囲気の演奏との印象が最後まで拭えませんでした。

音質は可もなく不可もなくで、クリアですが特徴に乏しく、少なくともハイドン全集の方での、デッカによるオンマイク的な音録りがもたらす音色の強度感や響きの迫力は全体的に希薄と言わざるを得ないと感じます。

ただ、以上はあくまでひと通り聴いた時点での私の印象に過ぎませんし、単に私の聴き込みが浅いだけかも知れず、もう少し聴き込んでみるつもりではいますが、少なくとも現時点での率直な感想としては、以上のような感じです。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.