ピエルロ/リチェルカール・コンソートによるバッハの教会カンタータ第4、131、182番


J.S.バッハ 教会カンタータ第131番、第182番、第4番
 ピエルロ/リチェルカール・コンソート
 Mirare 2007年 MIR057
MIR057

先月の「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2009」特設CD販売エリアで購入したディスクで、フィリップ・ピエルロ/リチェルカール・コンソートによるバッハ教会カンタータ集です。これは本年4月にリリースされたばかりの新譜のようです。

ピエルロ/リチェルカール・コンソートは、今回のLFJではCホールの公演345でミサ曲ト短調とマニフィカトBWV243を聴きましたが、それとは別に教会カンタータの公演も組まれていました。そのプログラムはカンタータ第4番とカンタータ第131番の2曲でした。

そもそも今回のLFJでのバッハ教会カンタータ公演は全部で3種類あり、ひとつは鈴木雅明/バッハ・コレギウム・ジャパンのBWV78とBWV30、ひとつはアンタイ/ル・コンセール・フランセのBWV93とBWV33、そして残るひとつが前述のピエルロ/リチェルカール・コンソートのBWV4とBW131です。

私はこのうちの2つの公演を聴きましたが、ピエルロ/リチェルカール・コンソートの公演だけは聴いていません。できれば聴きたかったのですが、チケットが取れませんでした。

しかし本CDにはちょうど、その聴けなかった公演での2曲が収録されています。これ幸いとばかりに聴いてみました。

独唱陣はキャサリン・フュージュ(S)、カルロス・メーナ(C-T)ハンス=イェルク・マンメル(T)、ステファン・マクラウド(B)という布陣で、このうちフュージュを除く3人は、公演345のミサ曲ト短調とマニフィカトBWV243でのソリストと同じ顔ぶれです。

また、その公演345同様、ここでもOVPP(One Voice Per Part)方式が採られています。このOVPPはアンタイ/ル・コンセール・フランセの実演でも採用されていましたが、鈴木雅明/BCJの方は合唱団によるコーラスとなっていて、古楽アンサンブルとしてもスタンスの分かれるところのようですね。

まず最初のカンタータ第131番「深き淵より、我、主よ、汝に呼ばわる」ですが、これは悔い改めの礼拝のためのカンタータで、バッハの全カンタータの中でも特異な作品です。特定の祝日あるいは行事のためのものではなく、一種の災厄祓いのためのカンタータで、全5曲すべてに聖書の詩編130編の歌詞が引用され、全般にしごく重い曲調です。ただ、儀式的性格もそれなりに強くて、重い雰囲気の割に深みはいまひとつ弱い、そんな気もします。

ここでのピエルロ/リチェルカール・コンソートの演奏は、実演時を彷彿とさせる、精緻を極めたような繊細にして透明感あふれるハーモニーの美しさが素晴らしくて傾聴させられます。

さらに実演時に違和感を覚えたOVPP方式においても、カンタータだとむしろハマっているように聴こえるから不思議なところで、確かにボリューム的な押しの強さが削がれる反面として、ソノリティの透明感が絶大です。とくに(2:52)からの「主よ、私の声を聴いて下さい」と呼び掛けるくだりなど、アーノンクール盤(こちらは合唱団方式です)と聴き比べてみると、同じ曲とは思えないほどです。

確かに透明感もすごいですが、それ以上に、OVPPだといかにもひとりひとりが神に語りかけている、という雰囲気がこよなく強調される格好となり、合唱団方式よりも強く、切実に訴えかけてくる感じがします。

またテンポ感にしても、おおむね速めで、時間的にもアーノンクール盤より全体に短縮的です。このテンポ感と歌唱方式との違いにより、アーノンクール盤だとかなり重い雰囲気という感じですが、こちらのピエルロの方はそういうい雰囲気よりも、むしろ澄み切った音楽の美しさの方に自然に意識が向けられる感じがします。

次のカンタータ第182番「天の王よ、汝を迎えまつらん」は、枝の日曜日のためのカンタータで、これはバッハがワイマールの宮廷楽長に就任して初めて作曲した記念碑的なカンタータとして有名なものです。

カンタータの主題はイエス・キリストのエルサレム入りで、前半あたりはそれを祝福するような喜悦的な雰囲気ですが、エルサレム入りから程無く十字架にかけられることを暗示し、後半はかなり重苦しい雰囲気が支配的です。

この曲は中盤でアリアが3曲連続しますが、その2曲めのアルトのアリアがこのカンタータの中枢を為していて、そこでのカウンターテナーのカルロス・メーナの歌唱が見事です。ここはアーノンクール盤のカウンターテナー、ポール・エスウッドもなかなかに美しい歌唱を披歴していますが、こちらのメーナの方が透明感があり、聴いていて儚くデリケートなその音彩感に何ともいえない趣きがあります。

最後のカンタータ第4番「キリストは死の縄目につながれたり」については、今日はちょっと時間切れで、また後日あらためて書きます。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.