下野竜也/読売日響(サントリーホール 6/8)


今日はサントリーホールで読売日響のコンサートを聴いてきました。

2009-06-08

指揮者は下野竜也、演目は前半がウェーバー・「オイリアンテ」序曲、続いてザビーネ・マイヤーをソロに迎えてのウェーバー・クラリネット協奏曲第1番(そのアンコールとしてストラヴィンスキー・「3つの小品」第3曲)、そして後半がドヴォルザークの交響曲第1番「ズロニツェの鐘」でした(アンコールはドヴォルザークの「わが母の教えたまいし歌」)。

今日のコンサートのお目当ては、ずばり「ズロニツェの鐘」です。

この「ズロニツェの鐘」は私の好きな曲のひとつですが、作品自体がドヴォルザークの全9曲のシンフォニーの中でもかなり特異な位置づけにあり、まず滅多に演奏されない曲で、実際この曲をナマで聴いたのは今日が初めてです。

今日を聴き逃すともう何年も聴く機会が来ないかも、、そう思って、仕事を何とか遣り繰りしてホールに赴きました。

感想はまた後日書きますが、一言で言うなら、指揮者が下野竜也で良かった、ということでしょうか。この曲は、やはりある程度「指揮者を選ぶ曲」だと思いますから、、、

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.