新日本フィル定期演奏会(サントリーホール)


2009-03-11

今日はサントリーホールで新日本フィルの定期演奏会を聴いてきました。

指揮者はダニエル・ハーディング、演目は前半がR.シュトラウスの交響詩「死と変容」、後半がベートーヴェンの交響曲第3番「英雄」です。

感想は後日書きますが、やはりハーディングのベートーヴェンはいいですね。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.