ブリュッヘン/新日本フィルのハイドン・コンサート


今日は、すみだトリフォニーホールでブリュッヘン/新日本フィルのハイドン・コンサートを聴きました。

2009-2-28(1)

演目はハイドンのザロモン・セット最後の3曲、すなわち交響曲第102番、同103番「太鼓連打」、同104番「ロンドン」。まず102番と103番「太鼓連打」が続けて演奏され、休憩をはさんで104番「ロンドン」、最後にアンコールとして「ロンドン」の終楽章が再び演奏されて終わりました。

その演奏ですが、私の事前の予想とはかなり違っていて、最初はちょっと面食らったような気持ちで聴いていたんですが(そもそもホールのロビーに掲示されていた今日のコンサートの演奏者配置表を見たところ第1ヴァイオリンが全部で12人でしたが、この編成は私の予想より大きめで、まずこの点で面食らいました)、コンサートが進むうち「でもこういうハイドンもいいなあ」という気持ちの方が強くなっていきました。

そのあたりの感想については後日あらためて書きます。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.