ハンガリー四重奏団によるベートーヴェン弦楽四重奏曲全集CD6の感想


ベートーヴェン 弦楽四重奏曲全集CD6
 ハンガリー四重奏団
 Regis 1953年 RRC7011
RRC7011.jpg

12番の音質が冴えており、この音質はCD7の15番と並んで同全集中ベスト。おかげでハンガリー四重奏団の往年の響きの充実が良く伝わってくる。このカルテットの真価を伝えるという点で、この12番と15番の録音は貴重な記録だと思う。14番は12番ほど音質が冴えていないのが残念だが、このカルテットらしい骨太の濃厚な響きの味わいは伝わってくる。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.