ハンガリー四重奏団によるベートーヴェン弦楽四重奏曲全集CD3の感想


ベートーヴェン 弦楽四重奏曲全集CD3
 ハンガリー四重奏団
 Regis 1953年 RRC7011
RRC7011.jpg

ラズモフスキー第1番がいまいち。この全集ボックスの音質の特徴である「高弦鮮明・低弦ぼんやり」が完全に裏目に出てしまった感がある。第1楽章冒頭のチェロの味の薄さにガクッとくるし、以降の楽章も肝心なところでチェロが弱いので音楽の訴えが伸びない。高弦はパリッとしているだけに勿体ない。ラズモフスキー第2番の方はまずまずなのだが、、。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.