ハンガリー四重奏団によるベートーヴェン弦楽四重奏曲全集CD2の感想


ベートーヴェン 弦楽四重奏曲全集CD2
 ハンガリー四重奏団
 Regis 1953年 RRC7011
RRC7011.jpg

弦楽四重奏曲第4番から第6番の3曲を収録。いずれも古典的造型のアンサンブル展開に基づく正攻法の解釈だが、これと同じ時期に録音されたブダペスト四重奏曲の録音と比べると全体的にアダージョは遅め、メヌエットは速め、というテンポが採られていることが分かる。緩急のメリハリ効果が自然な形で表現された味の濃いベートーヴェンというべきか。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.