ハンガリー四重奏団によるベートーヴェン弦楽四重奏曲全集CD1の感想


ベートーヴェン 弦楽四重奏曲全集CD1
 ハンガリー四重奏団
 Regis 1953年 RRC7011
RRC7011.jpg

弦楽四重奏曲第1番から第3番の3曲を収録。英レジスの復刻だが、年代にしてはノイズがかなり少ないが、そのぶん音質の彫りも甘くなっている感もあり、一長一短か。演奏はオーソドックスな古典的造型のアンサンブル展開だが、ヴァイオリンの訴求力が全体的に高い。逆に低声の実在感が相対的に弱いが、これは音質の問題かもしれない。ハンガリー四重奏団の全盛期の味の濃いベートーヴェンである。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.