パーヴォ・ヤルヴィ/パリ管弦楽団によるプーランクの宗教作品集の感想


プーランク 宗教作品集
 パーヴォ・ヤルヴィ/パリ管弦楽団
 グラモフォン 2012・2013年 4791497
4791497.jpg

パーヴォ・ヤルヴィ指揮パリ管弦楽団の演奏によるプーランクの宗教作品集。独グラモフォン。2012年・2013年パリ、サル・プレイエルでのセッション録音。収録曲は「グローリア」「黒衣の聖母への連祷」およびスターバト・マーテル。ソプラノ歌唱はパトリシア・プティボン。

パリ管の持つアンサンブルの美しさとプティボンの神秘的なまでに美しい歌唱とが放つ音楽の美彩が素晴らしい。弱奏部の冴え冴えとした美しさなど、やはり最新録音の音質の良さがダイレクトに発揮されていて好ましい。スターバト・マーテルには味の濃いプレートル盤、ドゥネーヴ/シュトゥットガルト放送響の色彩的メリハリの強さなどが印象的だが、このヤルヴィとパリ管のスターバト・マーテルはプーランク本家のオケならではの醍醐味が印象深い。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.