フランソワ=フレデリク・ギィによるベートーヴェンのピアノ・ソナタ第26番「告別」・第27番・第29番「ハンマークラヴィーア」の感想



ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第26番「告別」・第27番・第29番「ハンマークラヴィーア」
 フランソワ=フレデリク・ギィ(pf)
 Zig-zag 2009~2012年ライヴ ZZT333
ZZT333.jpg

フランソワ=フレデリク・ギィの演奏によるベートーヴェンのピアノ・ソナタ第26番「告別」・第27番・第29番「ハンマークラヴィーア」。仏ジグ・ザグ・テリトワール。2009~2012年フランス、アルセナル・コンサートホールでのライヴ録音。

3曲とも素晴らしいが、とくに「ハンマークラヴィーア」は圧巻。粒立ちの際立った美しいタッチから構築される荘厳なベートーヴェン。音色に対する卓抜した感性と優れた造型的構成力を併せ持つピアニストのみになしうる演奏というべきか。音質も秀逸である。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.