フランソワ=フレデリク・ギィによるベートーヴェンのピアノ・ソナタ第1番・第2番・第3番の感想


ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第1番・第2番・第3番
 フランソワ=フレデリク・ギィ(pf)
 Zig-zag 2009~2012年ライヴ ZZT333
ZZT333.jpg

フランソワ=フレデリク・ギィの演奏によるベートーヴェンのピアノ・ソナタ第1番・第2番・第3番。仏ジグ・ザグ・テリトワール。2009~2012年フランス、アルセナル・コンサートホールでのライヴ録音。

演奏自体は悪くないとも思うが、ベートーヴェンの初期のピアノ・ソナタ群はやはり解釈が難しいという事実も意識させる。ベートーヴェンというよりハイドンやモーツァルトのようなアプローチが合うようにも思うし、グルダなどはそれで成功しているが、ここでのギィの解釈はなにか煮え切らない。中途半端に造型をいじるよりは、もっとストレートに弾き通した方が個人的にはいいと思うが、、、。なお、第1ソナタの第1楽章と終楽章のみ展開部反復を行っている。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.