フランソワ=フレデリク・ギィによるベートーヴェンのピアノ・ソナタ第15番「田園」・第19番・第20番・第21番「ワルトシュタイン」の感想



ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第15番「田園」・第19番・第20番・第21番「ワルトシュタイン」
 フランソワ=フレデリク・ギィ(pf)
 Zig-zag 2009~2012年ライヴ ZZT333
ZZT333.jpg

フランソワ=フレデリク・ギィの演奏によるベートーヴェンのピアノ・ソナタ第15番「田園」・第19番・第20番・第21番「ワルトシュタイン」。仏ジグ・ザグ・テリトワール。2009~2012年フランス、アルセナル・コンサートホールでのライヴ録音。

フランス人ピアニストならではのベートーヴェンというべきか。高度の磨きあげられたタッチの音色が紡ぐフレーズの連なりに耳を傾けていると、精巧なガラス細工の工芸品のような格調と美しさをイメージさせられてしまう。「ワルトシュタイン」はバックハウスのゴツゴツしたピアニズムとは対極点にある行き方。いやはや。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.