フランソワ=フレデリク・ギィによるベートーヴェンのピアノ・ソナタ第9番・第10番・第11番&「月光」の感想


ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第9番・第10番・第11番&「月光」
 フランソワ=フレデリク・ギィ(pf)
 Zig-zag 2009~2012年ライヴ ZZT333
ZZT333.jpg

フランソワ=フレデリク・ギィの演奏によるベートーヴェンのピアノ・ソナタ第9番・第10番・第11番&「月光」。仏ジグ・ザグ・テリトワール。2009~2012年フランス、アルセナル・コンサートホールでのライヴ録音。
 
フランス生まれのピアニストによるベートーヴェンのピアノ・ソナタ全集はとても珍しい。ギィのピアニズムは音の洗練とタッチの強度を絶妙に両立させた高度な行き方で、個々のタッチに張りのある強さとまろやかな美感が付帯している点に魅力を覚えた。ただ残念なのは音質がいまいちな点。ライヴ録りの制約だと思うが、ボリュームを上げると音が濁る傾向が目立つ。せっかくのピアニストの持ち味がだいぶ損なわれている気がする。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.