イッサーリスとハーディング/マーラー・チェンバー・オーケストラによるドヴォルザークのチェロ協奏曲集の感想



ドヴォルザーク チェロ協奏曲集
 イッサーリス(vc)
   ハーディング/マーラー・チェンバーオーケストラ
 ハイペリオン 2012年 CDA67917
CDA67917.jpg

スティーヴン・イッサーリスのチェロ演奏とダニエル・ハーディング指揮マーラー・チェンバー・オーケストラの伴奏によるドヴォルザークのチェロ協奏曲集。英ハイペリオン。2012年イタリア、テアトロ・コムナーレ・ディ・フェラーラでのセッション録音。以下のドヴォルザーク作品が収録されている。

①チェロ協奏曲 ロ短調 Op.104
②歌曲「一人にして」Op.82-1(管弦楽編曲版)
③チェロ協奏曲 ロ短調 Op.104の初稿の終楽章コーダ
④チェロ協奏曲 イ長調 B.10

ドヴォルザークのロ短調のチェロ協奏曲は名曲として名高いだけに録音も数知れずリリースされているが、このイッサーリスのCDは過去に聴いたどの録音よりも素晴らしいと思う。フレージングの表出力がずば抜けているとしか言いようがない。この曲がこんなに感動的な曲だったのかと今更ながらに思わされたのだから凄すぎる。ハーディング/マーラー・チェンバーも圧巻。最高のピントで奏でられた音画である。そして④も絶品。ドヴォルザークの習作で、魅力に欠けるとも言われるが、とんでもない話で、とくに第1楽章のむせ返るような情緒は聴いていて耳を捉えて離さない。演奏が抜群だから作品の真価が存分に発揮されているのだろう。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.