レナード・バーンスタイン歴史的放送録音集CD6の感想

「レナード・バーンスタイン歴史的放送録音集1946~61」CD6
 バーンスタイン/ボストン交響楽団、ニューヨーク・フィル他
 WHRA 1941~61年ライヴ 
WHRA6048.jpg

・バルトーク:弦楽器、打楽器とチェレスタのための音楽
・ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第1番
 レナード・バーンスタイン(ピアノ)
 ニューヨーク・フィルハーモニック
 録音:1950年2月19日、ニューヨーク、カーネギー・ホール
 
弦チェレは音質がモコモコして響きの抜けが悪いのが残念だがバーンスタインの指揮には独特の急迫感と熱気がある。ベートーヴェンも弦チェレと同日のライヴ録音だがこちらの方が少し音がいい。演奏は悪くないが、バーンスタインの弾き振りとしてはDisc5のラヴェルほどのインパクトはない。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.