レナード・バーンスタイン歴史的放送録音集CD8の感想


「レナード・バーンスタイン歴史的放送録音集1946~61」CD8
 バーンスタイン/ボストン交響楽団、ニューヨーク・フィル他
 WHRA 1941~61年ライヴ 
WHRA6048.jpg

・ヴァイル:三文オペラ(ブリッツスタイン英訳版)
 ロッテ・レーニャ(ジェニー)
 ジョー・サリヴァン(ポリー)
 デイヴィッド・ブルックス(マックヒース)
 マーク・ブリッツスタイン(語り)
 録音:1952年6月14日、マサチューセッツ州ブランダイス大学)

記録的価値は高いのだろうが、残念ながら音質がプア。バーンスタインの指揮も全般によそ行きというか、それほどヴァイルに共感しているようには聴こえない。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.