レナード・バーンスタイン歴史的放送録音集CD4の感想


「レナード・バーンスタイン歴史的放送録音集1946~61」CD4
 バーンスタイン/ボストン交響楽団、ニューヨーク・フィル他
 WHRA 1941~61年ライヴ 
WHRA6048.jpg

・マーラー:交響曲第2番「復活」
 アデーレ・アディソン(ソプラノ)
 ナン・メリマン(メゾ・ソプラノ)
 ボストン交響楽団
 録音:1949年11月25日、ボストン、シンフォニー・ホール

音質的にもうひとふんばり欲しかったというのが正直なところ。せめてDisc2のショスタコ7番くらいの音質だったらと思ってしまう。それでも稀代のマーラー指揮者としての後年の才気の片鱗は随所に感じ取れる。第1楽章展開部から再現部にかけてのバーンスタインならではの常軌を逸した音楽の迫力など、プアな音質を超えてジリジリと伝わってくる。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.