ル・サージュによるシューマンのピアノ独奏曲全集CD13の感想


シューマン ピアノ独奏曲全集CD13
 ル・サージュ(pf)
 Alpha 2001年 ALPHA813
ALPHA813.jpg

エリック・ル・サージュの演奏によるシューマンのピアノ独奏曲全集CD13。仏Alpha。2001年スイスでの録音。

 「森の情景」は「子供のためのアルバム」と並ぶシューマン中期のピアノ曲の傑作。音による深い幻想のポエムであり、森を散策する場景が9曲の小品で表現されている。全体的には楽しげな雰囲気だが、「呪われた場所」「予言の鳥」のような不気味な印象を醸し出す曲も含まれている。ここでもル・サージュは好調だが音質は若干くぐもっておりベストとは言えない。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.