ル・サージュによるシューマンのピアノ独奏曲全集CD6の感想


シューマン ピアノ独奏曲全集CD6
 ル・サージュ(pf)
 Alpha 2008年 ALPHA813
ALPHA813.jpg

エリック・ル・サージュの演奏によるシューマンのピアノ独奏曲全集CD6。仏Alpha。2008年(Op.133のみ2001年)スイスでの録音。

ピアノ・ソナタ第2番はフィナーレに最終稿と初稿の両方を収録している。相変わらずル・サージュのピアノは冴えているが、欲をいえば第2ソナタでは美麗だけでないタフな耳当たりの響きが欲しい。むしろ夜想曲集の第1曲終盤でのクレッシェンドが素晴らしい。なかなかに鬼気迫るものを感じた。「暁の歌」は最近アンデルジェフスキのCDでも聴いたが、音質の差ゆえかル・サージュの方が感動的に聴こえる。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.