ロジェストヴェンスキー/ロンドン・フィルによるショスタコーヴィチ交響曲第8番の感想


ショスタコーヴィチ 交響曲第8番
 ロジェストヴェンスキー/ロンドン・フィル
 Lpo 1983年ライヴ LPO0069
LPO0069.jpg

ゲンナジ・ロジェストヴェンスキー指揮ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏によるショスタコーヴィチ交響曲第8番。ロンドン・フィル自主制作レーベル。1983年ロンドン、ロイヤル・フェスティヴァル・ホールでのライヴ録音。

ざらついた音質のため最初は駄目かなと思って聴いていると12分過ぎあたりから音楽がみるみる凄絶化してくる。ソ連国立文化省響とのタコ8と比べて金管の突出が明らかに抑えられているがここぞという時の情け容赦ないアンサンブルの追い込みはロジェストヴェンスキーのショスタコの特性を如実に示す。もう少し音質が良ければいいのだが、、。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.